髭脱毛コラム

手早く青髭を隠すには?メンズ用コンシーラーで今すぐ青髭対策!

青髭になるのは、皮膚の下にある髭が透けて青く見えるからです。

髭剃りでは皮膚の下にある髭は処理できないので、髭が薄い方や日焼けをしていない限り、どうしても青髭になってしまいますし髭が濃ければ濃いほど目立ちます。

そんな青髭を何とかしたいと思っている男性は多くいるかと思います。

そこで役に立つのがメンズ用コンシーラーです!

今回はメンズ用コンシーラーとは何か、メリットデメリット、使い方をご紹介しているので是非参考にしてください。

メンズ用コンシーラーとは?

男性の方にとってコンシーラーはあまり馴染みがないので、いまいちピンと来てない方もいるかと思いますが、コンシーラーとは肌をきれいに見せるための化粧品です。

なのでメンズ用コンシーラーとは肌をきれいに見せるための男性用化粧品になります!

青髭・ニキビ跡・クマ・シミなど肌の気になる部分を隠すことができます!

最近では男性の方の美意識が高まってきていることもあり、こういった男性用商品や使用する方が増えてきています。

青髭対策にコンシーラーを使う5つのメリット

1.すぐに青髭対策ができる

青髭を無くそうとしたら、髭を抜くか脱毛するかの2つになると思いますが、どちらも時間がかかります。

コンシーラーを使う最大のメリットがすぐに青髭対策ができることです!

塗るだけなので慣れれば数分で青髭を隠すことができるので、忙しい朝でもしっかり青髭対策をすることが可能です!

2.持ち運びができる

コンシーラーは持ち運びができるので、外出先でも青髭対策ができます!

出掛ける前に本当に時間がなかったり、外泊や万が一コンシーラーが落ちてしまっても、トイレなどでさっと使うことも可能です!

持ち運べることで、どこでも青髭対策をできるは便利でいいですね!

3.価格が安い

青髭を無くすのであれば、髭処理が不要になる髭脱毛が理想ですが、価格が高いので中々手を出しにくい人も多いと思います。

コンシーラーであれば数百~数千円で青髭対策ができるので、青髭が気になっている人はまずコンシーラーから始めてみるのもいいですね!

4.肌をきれいに見せられる

青髭だけではなくニキビ跡・クマ・シミなどの隠すことができるので、肌をきれいに見せることができます!

肌がきれいに見えると若々しく清潔感のある印象を与えることができるので、周りの人から印象が良くなるでしょう!

5.怪我をしない

髭を抜いたり脱毛をしたりすると埋没毛や毛嚢炎、火傷などといった肌トラブルのリスクが少なからずあります。

コンシーラーは塗るだけなのでそういったリスクがほとんどありません。

もちろん傷口などに塗ったりすれば、悪化の原因になるので無理に塗るのはやめましょう!

青髭対策にコンシーラーを使う4つデメリット

1.自分の肌に合う色を探す必要がある

隠した部分だけ肌の色が違ったら不自然に見えてしまうので、自分の肌に合った色を探す必要があります。

すぐに自分の肌に合う色のコンシーラーを見つけられればいいですが、一括りにメンズ用コンシーラーと言っても、多くの種類があるので自分に肌に合った色を探すのは少し手間がかかります。

2.慣れるまでは不自然に見えることも

化粧品を使うのに慣れている男性は少ないと思うので、最初のうちは隠した部分が不自然になってしまうことは十分にありえます。

いきなりコンシーラーを塗って外出はせずに、家で練習をしてからにした方がいいでしょう。

3.肌荒れをすることがある

コンシーラーは化粧品なので使ったら落とす必要があります。

そのままにしておくと肌荒れを起こすことがあるので、疲れて帰ってきてもそのまま寝たりせずに、しっかりコンシーラーを落とすようにしましょう!

4.青髭は無くならない

コンシーラーで青髭を隠すことはできても無くすことはできません。

青髭そのものを無くしたいと思っているのであれば、髭脱毛を検討してみてください。

雨に塗れたり汗をかいても大丈夫?

商品にもよるので一概には言えませんが、多少の雨や汗ではコンシーラーが落ちてしまうことはほとんどありません。

ただし多少の雨や汗でもタオルやハンカチでゴシゴシ拭き取ると、一緒にコンシーラーも拭き取ってしまう可能性があるので、雨や汗はポンポンと叩くようにして拭き取りましょう!

また海やプールといった場所や激しい運動をして大量の汗をかくと、コンシーラーが落ちてしまいます。

肌の状態や湿度などによってもコンシーラーの耐久性は変わってくるので、万が一の為に持ち運んでおくのがいいと思います!

ニキビや吹き出物など肌が荒れていても使える?

肌が荒れていてもコンシーラーが使えるのか気になりますよね。

結論から言えば、肌が荒れていてもコンシーラーは使えます。

ただ肌が荒れている場合は、なるべく低刺激のものや天然成分が多いものを選ぶようにしましょう!

価格は高くなりますが、肌をことを考えるなら仕方がありません。

低刺激ではないものを使うのであれば、肌が荒れているときに使うのは悪化の原因になるので、控えた方がいいでしょう。

コンシーラーの使い方

1.コンシーラーを隠した部分に乗せる

コンシーラーを少量手に取り、隠したい部分に乗せていきましょう!

いきなりコンシーラーを乗せすぎると伸ばしても、厚塗りになって不自然になってしまうので、使用量には注意してください。

 

2.コンシーラーを伸ばす

隠したい部分にコンシーラーを乗せたら、中心から外側に向けて伸ばしていきましょう!

しっかりと伸ばさないと上手く隠せなかったり、厚塗りになって不自然に見えてしまいます。

3.コンシーラーを馴染ませる

コンシーラーを伸ばしたら塗った部分と塗っていない部分の境目が分からなくなるように、コンシーラーを顔全体に馴染ませましょう!

しっかり馴染ませることで仕上がりがきれいになります!

コンシーラーの落とし方

1.クレンジング剤を使う

コンシーラーは化粧品なのでクレンジング剤を使ってきれいに落としましょう!水やお湯だけではきれいに落とせません。

しっかり落とさないと肌荒れの原因になってしまいます。

 

2.顔に馴染ませて洗い流す

コンシーラーを塗った部分にクレンジング剤をしっかり馴染ませて、コンシーラーを落としていきます。

コンシーラーが落ちてきたらぬるま湯できれいに洗い流しましょう!

洗い流した後にまだ落としきれていないと感じたら再度、洗顔し直してください。

 

3.化粧水と乳液を使ってしっかりケア

洗顔をしたら化粧水と乳液を使ってしっかり肌のケアをしましょう!

肌荒れを防ぐことに繋がりますし、肌の状態が悪いとコンシーラーが上手く馴染まなかったりします。

まとめ

メンズ用コンシーラーは青髭をすぐに隠すことができますし、持ち運びもできるので青髭に悩んでいる男性の強い味方です!

自分の肌に合う色を探したり、慣れるまでに少し時間はかかりますが、青髭に悩んでいるのであれば、1度使ってみることをおすすめします!

ただあくまでも隠すだけなので青髭を無くしたいのであれば髭脱毛をしましょう!