髭原因対策

体からの危険信号?茶色の髭が生えてきた!│髭が茶色くなる原因と対策

ふと鏡を見たときに黒くない髭を見つけたっていう人は少なからずいるんじゃないんでしょうか?

茶色や赤茶色の髭が混じっていて体がどこか悪いんじゃないかと心配になっている方気になるから何とかしたいと思っている方がいると思います。

今回は髭が茶色くなる原因、体の異変の兆候なのか、気になる方への対処法をご紹介しているので是非参考にしてください。

なぜ髭が茶色くなるのか

髭に限らず人の毛は、毛細血管から栄養を取り込み作られるのですが、新しい毛が作られるときはまだ毛に色は付いていません。

毛が作られるとメラノサイトと呼ばれる色素細胞が、メラニンを発生させることで毛を黒色にしています。

髭が茶色になってしまうのは、メラノサイトの働きが弱くなってしまいメラニン色素が薄くなっているのが主な原因と考えられます。

メラニン色素薄くなれば茶色だけでなく、金色や白髪になったりもします。

紫外線を多く浴びている

紫外線を多く浴びるとメラノサイトの機能が低下して、メラニン色素がきちんと作られず髭の色が茶色になることがあります。

特に夏の日差しは強く、紫外線が多いので気を付けるようにしましょう!

塩素

時々、水泳をやっている人で髪が茶色になっている人を見たことはありませんか?

プールには塩素が使用されており、塩素は漂白効果があるので髪が脱色し茶色になります。

髭も同様に、脱色するので徐々に茶色に変化していきますので、プール入った後などにはしっかり洗って塩素を落としましょう!

夏場はプールに入る機会も増えると思いますし、紫外線が多いので特に注意が必要です。

生活習慣の乱れやストレス

メラニン色素が作られるメラノサイトは、ストレスに弱い性質を持っています。

メラノサイトは神経細胞と似た性質をもっているため、ストレスがかかっていると正常な働きをしてくれなくなる可能性があります。

また生活習慣の乱れやストレスは、自律神経を乱します。

すると血行が悪くなるため、髭に十分な栄養素が送られなくなり色素が薄くなる原因になります。

加齢・老化

加齢や老化とともに髭にかかわる機能や細胞などは弱体化していきます。

当然、髭の色素を作り出すメラノサイトも機能が少しずつ低下していきメラニン色素を作り出せなくなっていきます。

色素が作られなければ最終的には白髪になります。

加齢や老化による機能の低下は誰にでも起こることなので、こればかりは仕方のないことだと思います。

体の調子が悪いわけではない

茶色い髭を見つけると『病気や体に異常がある兆候なの?』と心配する人がいると思います。

ご説明した通り、髭の色はメラニン色素によって色付けされているので、特に何かの病気や異常の兆候と言うわけではありません。

ただ、生活習慣の乱れやストレス、栄養不足の可能性も考えられます。

茶色い髭が何本も見つかるようであれば1度、生活習慣を見直してみるようにしましょう!

茶色い髭が気になる方へ4つの対処法

ここでは茶色い髭が気になる方へ4つの対処法をご紹介していきます。

茶色とは言え剃ってしまえば分からないので、一番簡単なのは髭を剃ってしまうことです!

1.剃る

1番手軽に処理できるのはやはり髭を剃ることです!

長いと茶色に髭が目立ってしまうかもしれませんが、剃ってしまえば黒も茶色のほとんどわかりません。

気になる色の髭が多くても一気に処理することができます。

あわせて読みたい
間違った髭剃りは髭を濃くする原因に?髭を濃くしない為の髭の剃り方男性は毎日髭を剃っている方がほとんどだと思います。 髭剃りは肌に大きな負担をかけていて、間違った髭の剃り方をしていると肌への負担が...

2.抜く

茶色い髭が少なければ髭を抜いて処理することも手軽にできる方法ですね。

ただ髭を抜くのは埋没毛や毛嚢炎、色素沈着など多くの肌トラブルの原因になるのでおすすめはしません。

抜いて処理をする場合は顔を温め毛穴を開いてから抜くようにしましょう。

あわせて読みたい
髭を抜く癖がある人は要注意!?~髭抜きの危険と正しい髭の抜き方~髭を抜いた後はツルツルになるし、髭を抜いた時のちょっとした快感が癖になってついつい抜いてしまう。 頻繁に抜いたことはなくとも1度は...

3.染める

髭を伸ばしている方は市販に売っているクリーム状の白髪染めだと髭が長い方は問題かもしれませんが、髭が短いと上手く染めることができません。

クリームが皮膚についてしまい泥棒髭みたいになってしまいます。

髭を染めるのであればシャンプーの白髪染めをおすすめします!

白髪染めで茶色い髭も染まるの?と思う方がいると思いますが、ちゃんと染まるので大丈夫です!

毎日のシャンプーで染めるができるので簡単ですし、皮膚が黒くなる心配もありません。

4.脱毛する

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では茶色や金色、白髪といった髭はを脱毛することはできないので、脱毛する場合はニードル脱毛になります。

ニードル脱毛は1本1本確実に脱毛をしていくのでご自身の脱毛をしたい髭のみを脱毛することが可能です!

ニードル脱毛が価格が高くなりがちですが、黒色ではない髭を脱毛するだけであれば、価格も高くないですし、時間もかかりません。

気になって仕方がないという方は脱毛を検討してみるものいいですね!

まとめ

髭に茶色い髭を見つけて体に何か異変があるんじゃないか?と思っていた方もいたと思いますが、特に健康状態に問題があるわけではありません。

とは言え絶対というわけではないのでこれを機に1度、ご自身の生活習慣や食生活を見直してみるのがいいと思います。

生活を改善してみたら黒色の髭に戻った!なんてこともあるかもしれません!